バックパックのデザイン

BACKPACK2

フレームレス、外枠、内部フレーム、およびボディパック:4つのカテゴリの1つに一般秋のバックパック。 パックフレームは、存在する場合に、パックをサポートし、腰と脚の重量の大部分を転送することによって、より適切に本体を横切って、その内容物の重量を分散するのに役立ちます。 重量のほとんどは、したがって、(単にショルダーストラップを装備した、多くのバックパックを超える14キロ(30ポンド)を運ぶ人の姿勢に影響を与えることができる)、ならびにあるショルダーストラップの圧力による損傷の可能性を低減、肩から外されます運動の上体範囲の制限が少ないです。 いくつかのモデルは、メインコンパートメントのためのコードロックを取り付けた巾着を使用してもほとんどのバックパックは、バックル機構、ジッパー、またはドライバッグタイプの閉鎖のいずれかで閉鎖されることが可能です。

ボディパックがあります バックパック 着用者の胸に懸濁させ、バック、フロントの荷重と荷重が均等に近いような方法でロードされた一つ以上のポケットを装備。 ボディパックでの負荷の大部分は腰によって運ばれます。 システムを運ぶ理想的な負荷は、着用者の自然な姿勢、バランスと操作性を乱さないようにしてください。 負荷があっても仕方で骨格構造上に分散されなければならない、と体のアンバランス力を発生しないでください。

フレームレス

最も簡単な バックパック デザインは、ショルダーストラップのセットに接続バッグです。 このようなパックは、商品の一般的な輸送のために使用され、可変容量を有しています。 最も単純なデザインは1メインポケットで構成されています。 より洗練されたモデルは、余分なポケット、ウエストストラップ、チェストストラップ、パッド入りショルダーストラップ、パッド入りバック、そして夜に追加された安全のために、時には反射材を追加しながら、これは、ウェビングやコード類のストラップと組み合わせることができます。 これらのパックは、一般的に安価に製造されます。

特には、日帰りハイキング、超軽量バックパッキングや登山のために販売され、いくつかの屋外パックは、だけでなく、時にはフレームレスです。

これらのバックパックのデザインのいくつかの安全性は、英国のNHSから批判されてきた、多くのバッグのデザインは子供のための「安全でない」とみなされています。

外部フレームパック

外部フレームパックは、着用者より支援と保護とシンプルな、フレームレス苦しいバッグよりも優れた重量配分を与え、(> 20キロまたは40ポンド)の重負荷を運ぶために設計されました。 木製のパックフレームは、世界中の何世紀にもわたって使用されました。 アイスマンは銅時代アルパインイタリアのいずれかを使用している可能性がありアイスマン、[2][3] いくつかの考古学者は信じても体を発見フレームは、かんじきの一部でした。 このようなパックは軍や登山のアプリケーションで共通しています。[4] 金属バージョンは、まず20世紀半ばに登場しました。

外部フレームパックのフレームは、典型的には、アルミニウム、他の軽量金属合金から作られ、そして最近では合成ポリマーまたは強化プラスチックと金属フレームとユーザの背中との間の接触を防止するストラップとぴんと張っ延伸ネットのシステムが装備されています。 快適さに加えて、これは、「スタンドオフ」フレームと着用者の背中との間に空気循環を生成するという付加的な利点を提供します。 この理由のために、外部フレームパックは一般に、内部フレームの設計よりも「冷却負荷」であると考えられます。 外部フレームパックは、内部フレームパックのそれよりも通常小さい生地「サック」の部分を持っていますが、より大きなアイテムの添付ファイルに対応するために、袋の上および下フレーム部を露出しています。 さらに、袋は、しばしば自分の負荷の設定をカスタマイズする、あるいは4分割ゲーム動物のような非従来型の負荷を輸送することをユーザに許可する、完全に除去することができます。 軍事パックは、しばしば、異なる形状、サイズおよび重量の負荷を担持するそれらの能力のために、外部フレーム設計されています

内部フレームパック

内部フレーム バックパック is a recent innovation, invented in 1967 by Greg Lowe, who went on to found Lowe Alpine and Lowepro, companies specializing in backpacks and other forms of carrying bags for various equipment. An internal-frame pack has a large fabric section around an internal frame composed of strips of either aluminum, titanium or plastic, sometimes with additional metal stays to reinforce the frame. A complex series of straps works with the frame to distribute the weight and hold it in place. The internal frame permits the pack to fit closely to the wearer’s back and minimizes shifting of the load, which is desirable when participating in activities that involve upper-body movement such as scrambling over rocky surfaces and skiing. However, the tight fit reduces ventilation, so these type of packs tend to be more sweaty than external frame packs. The internal construction also allows for a large storage compartment; a few lash points (including webbing loops and straps for sleeping bags and other large items) may be present, but as the frame is completely integrated, it is difficult to securely lash larger and heavier items which do not fit inside the compartment to the outside of the pack. Internal frame packs originally suffered from smaller load capacity and less comfortable fit during steady walking, but newer models have improved greatly in these respects. In addition, because of their snug fit, the improved internal frame models have largely replaced external frame backpacks for many activities.

スポーツの

スポーツ水和のバックパックは近い身体、より広いストラップにプロファイルと小さく、ランニング、サイクリングやハイキングのための水袋とヒップベルトに来ることができます。 キャメルバックは最高のその水分補給パックのために知られているそのような会社です。 ハイドレーションパックを実行すると、2リットル、最も下の6リットルの下で多くの、最小・最軽量です。 彼らはあなたの背中に低座ります。 ヒップベルトがそうであるように、あなたの体の上部にコンプレッションストラップが一般的です。 サイクリングハイドレーションパックは背中に高い座っ6〜10リットルです。 重量はまだ比較的低く配置することが必要であるが、身体全体のコンプレッションストラップは必要ありません。 デイパックは1030年リットルを平均小さいですが、すべてのトレッキングやハイキングのハイドレーションパックは、一般的に最大かつ最も重いです。 上記65リットルとまで三十5が一般的です。 圧縮体全体のストラップと肩だけでなく、腰ベルトが必要です。


Post time: Apr-23-2016